倉庫内の温度監視

倉庫内の温度監視
2019-01-30

食品や薬品等、倉庫内で管理している製品に対する品質管理が問われています。製品をいつ、どこで、どんな管理がなされているか?どういった経路で納品されたか?消費者に安全・安心を届ける為に品質管理する必要があります。


しかし、既存の倉庫では温度計などの計測器がアナログ計で伝票管理されているものが多く、例えば倉庫から出た経路でも正しく品質管理されたか?連携が取れていないケースもあります。

システムの開発

石川県内の企業と連携し、北陸地区の倉庫管理のシステムを作りました。 KESのProblockとクラウドメーカと連携し、PoC(概念実証)を素早く実施しました。

今回使用したクラウドは石川県内企業独自のプライベートクラウドですが、AzureやAWSなど、顧客のニーズに対応したクラウドを活用することも可能です。

KESのProblockは用途に応じて小型のブロックを組み合わせることが可能です。今回のPoCでは、USBモジュール、マイコン(PIC32)、Wi-Fi、温湿度センサーを組み合わせ温度管理を行いました。
情報をクラウドに挙げて見える化をします。輸送用のトラックとも連携し、製品の品質を担保するシステムのPoCを行った後、運用へと至りました。

Problockの特徴は、Arduinoやラズベリーパイと違い、そのまま運用に移行できることです。お客様もラズベリーパイでシステムを作ってみたそうですが、うまく電源が取れているのか?よくわからない状況に至っていました。今回はProblockでPoCを行ったことで、その特徴を生かし素早く運用に移行できました。

KESは@Techno様インテグレーションパートナーです。
LinuxベースのArmadilloシリーズを活用したシステム構築も可能となります。お困りの方はお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

業務に関するご相談・資料請求・技術者に関するご質問等
随時受付しております。
こちらからお問い合わせください。

Top